bru2001beck@hotmail.com
  △ライブラリ   △検索  


08/03/2017  
■ そこまで言われちゃうとねえ、いっちゃうわな。

 

07/08/2017  
■ 1年前の記事をメモ。

「『Assetto Corsa』 : 家庭用ゲーム機版への道」
https://www.redbull.com/jp-ja/assetto-corsa-on-ps4-and-xbox-one-interview

懐かしの、KunosことStefano Cassilloさんがゲーム専用機への移植についてインタビューを受けておられます。PS4などへの移植によって彼の存在が一躍日の目を浴びたような状況になってますね。

さて、どーしよーかなー。メインのPCを現在の水準に引き上げるか、それともPS4 proを買って安く済ませるか。考え中。
 

07/01/2017  
■ PS4買ってProjectCars2に備えようかと考え中の今日このごろ、GranTourismo Sportの動画をよく見かけるようになっているわけですが、見るたびにやはり感じる違和感はいかんともしがたくて、これはなんなのだろうと沈思してしまうのです。

違和感の実体は、何と言ってもやはり車体が上下にほとんど動かないこと。これの原因はなんでしょうかね。サスペンションの動きがちゃんと再現されていない?それともサーキットの路面が平滑すぎる?ラリークロスのリプレイ映像を見ていても、ちょっと不思議な動きをする感覚がありますな。

これは「ゲーム」ゆえの思想的な仕様なのかな。それならそれで納得ですが。しかし私には気持ちが悪い。

■ 備忘。


 

06/27/2017  
■ 最近、私んちの上空でF15をやたらと見かけるようになってたんですね。私んちは、小牧基地への進入ルートの近くなのです。でも、小牧基地にはF15は配備されてませんし、とくに直近イベントがあるわけでもない。いったいなんだろうなと思っていたんです。半島有事危機との関わり?とか思ってました。

ようやくわかりました。F35Aが小牧基地(名古屋空港)に隣接した三菱の工場で生産されてるんですが、そのF35Aの試験飛行にエスコート役で使われるのがどうやらF15らしいんですね。それで始終飛んでるわけだ。

F35Aはまだ目撃できてません。結局、心神も見逃してしまったし。MRJは何度か見たんですが。

いい場所に住んでるでしょ?
 

06/09/2017  
■ 久々に言ってみる。

なんでも欲しがる孫正義。

あのBoston Dynamicsを買うそうですよ。トヨタはやめたのね。
 

06/02/2017  
■ 2017年 インディ500。



これまで何も触れてませんでしたが、やはり記憶にとどめておかなければいかんでしょう。よくやりました。おめでとう。
 

06/01/2017  
■ アメリカ、とうとうパリ協定の離脱を決定とな。

トランプ「アメリカをもう一度偉大な国にする」

冗談を言っているのか、それとも「偉大」の意味をこの人は知らないのか。
 

05/24/2017  
■ 「テロ」という言葉の使用範囲が拡大してるんですね。過去幾例かをみて、うすうすそんな印象を持っていましたが、今回、アリアナ・グランデさんのコンサートの会場で起きた爆発事件で「テロ」という言葉を公的機関もマスメディアも当初から躊躇なく使っているのに出くわして確信を持ちました。

厳密な意味でテロリズムであるかどうかは現時点では分からないというのがほんとうなのです。テロリズムというのは本来、特定の政治的意図を実現するために行われる暴力行為のことをいうからです。したがって今回の爆破事件が現段階で政治的意図を持って行われたかどうか明らかになっていない以上、これをテロと断定することはできませんね。本来の意味では、そういうことです。現段階では、「無差別殺人」としか呼びようがないはずなのです。

しかし最近は、爆弾やアサルト・ライフルを使った無差別殺人を、政治的意図の有無と精査する前に「テロ」と呼ぶことが多くなっています。客観的印象が、9.11以降のイスラム過激派によるテロリズムと似通っていることが、その理由なんだと推測できますね。

たしかにテロリズムと規定することによって被害を被る側の対処の仕方に違いがあるかというと現在はありませんので、どう呼ぼうと大した違いはないのですが、かつては実はテロリズムであるかどうかというのは、意味のある違いだったのです。

かつてのテロリズムというのは、政治的対立の極致で行われていたものでして、その対立の中身は領土紛争であったり、民族対立であったりしたものですが、たとえ困難であったとしても互いの譲歩の仕合によって暴力なしの解決へと導くことができる性質の対立だったものなのです。この点が、たんなる無差別殺人とは違っていました。妥協と合意によって暴力的解決を避ける余地がないではなかった。

ところが9.11以降のテロリズムというのは、対立する相手の存在そのものが対立の根本原因となっていて、相手の抹殺そのものが政治的意図になってしまっている。妥協の余地も合意の余地もありません。したがってテロリズムとたんなる無差別殺人との間に差異がなくなってしまった。当然、テロであろうと無差別殺人であろうと対処の仕方に違いが出るわけではない。

だから意味不明な大量殺戮が起きると、行為者の意図がわからない段階でテロリズムだと呼ぶことに躊躇がなくなっているわけです。どっちでもいいから。行為者にとって対象の存在そのものが憎くてやっているわけですから、無差別殺人とテロリズムとの間に差がない。

そういうことなんですね。
 

04/28/2017  
■ 日本のメーカーのオートバイのラインナップがいま、絶賛絶滅中だって知ってました?

かくいう私のエストレヤも絶版だそうな。
 

TBOARD 008 Version 1.03
- thanks to TOSHISRUS -