bru2001beck@hotmail.com
  △ライブラリ   △検索  


04/04/2017  
■ 2014年にこんなことを書きました。

----------------
ハイレゾ音源ゆえに、いい音してると言いきれるための条件。

・CDレゾ音源とハイレゾ音源とが、同じ録音条件で、同じマスタリングのもとに作製されたものであること。ハイレゾ音源をCDレゾにダウンコンバートして比較するのが一番確実。

・同じ機器で再生していること。まあ、あたりまえ。

・同じ機器であっても、同じ回路を通っていることが保障できること。ちょっと言いがかりに聞こえる条件ですが、じつはこれ、そうでもないのです。

(中略)

以上のような条件をクリアしたうえで、それでもハイレゾ音源が圧倒的にいいと言える実感が、私はいまだに持てません。ロスレスのCDレゾ音源だって、少なくとも私の環境では、申し分のない音になってくれます。
----------------

じつは今でも私は、ハイレゾ懐疑論者です。論者というのは大げさか。人前でさかんに論じたりするわけではありませんからね。ここでボソボソつぶやくだけ。ハイレゾのメリット、いまだに感じとれません。ハイレゾ対応をうたう機器がそれゆえにクオリティの水準があがったと言えるならまだしも、どうやらそうとは必ずしも言えないようでもありますし。

そんななか、こんな記事が。

「ハイレゾとCD、実際の音はどう違う? 波形で視覚化して検証」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1052744.html

わたしのあげた一番目の条件に関する問題を追求したものですよね。結論としては、いい音してる(気がする)としたら、それはマスタリングがよくなったからであって、ハイレゾだからとは明確には言えない、というあたりでしょうか。

いまごろそんなこと言ってんの?という感じですが、でも、大丈夫?ソニーさんあたりに怒られたりしない?と、ちょっと要らぬ心配もしてしまいます。

というわけで、今年度もやはりハイレゾ非対応の機器で、がんばります。新調したヘッドフォンが数年落ちゆえに格安のものなのは、内緒。もちろん可聴音域より上は再現できません。でもいい音出してくれる。耳福。
 

返信

おなまえ
E-mail 省略可
コメント
URL 省略可
PASSWORD

・最大記事表示件数は、10件です。
・それ以降の記事は古いものから順に月ごとに過去ログに記入されていきます。
・親記事を削除すると関連するレス記事も削除されます。
・タグの使用はできません。

TBOARD 008 Version 1.03
- thanks to TOSHISRUS -